アレルゲン免疫療法


アレルゲン免疫療法(減感作療法)とは、アレルギーの原因であるアレルゲンを少量投与する事で、体をアレルゲンに慣らし、症状をやわらげ、根本的な体質改善を期待する事のできる治療法です。原因となるアレルゲンを用いて行う治療法のため、検査でアレルゲンが確定しているアレルギー性鼻炎の方が対象になります。アレルゲン免疫療法には、薬を舌の下に入れる「舌下免疫療法」と、皮下に注射する「皮下免疫療法」の2つがあります。
当クリニックでは自宅で薬を飲むことによって治療できる「舌下免疫療法」
可能です。アレルゲン免疫療法は指定された講習を受講して認定を受けた
医師のみが実施可能であり、当クリニック院長も認定を受けています。

1.スギ花粉症に対する舌下免疫療法

薬剤:シダトレン、シダキュア


スギ花粉症の舌下免疫療法は、スギ花粉症と確認診断された12歳以上の患者さんが治療を受けることができます。シダトレンは1日1回、少量から服用を始め、
2週間は徐々に増量し、その後は決まった量をアレルギー症状の有無に関わらず
毎日、数年間(3年以上推奨)にわたり継続して服用します。シダキュアは、
1日1回、初めての1週間は少量の錠剤で服用を開始し、2週目以降に通常量の錠剤を服用します。その後、アレルギー症状の有無にかかわらず、毎日数年間(3年以上推奨)にわたり継続して服用します。
初めての服用は、スギ花粉の飛散していない時期に、医師の監督のもと行う必要があります。



2.ダニによる通年性アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法

薬剤:ミティキュア


通年性アレルギー性鼻炎でダニアレルゲンが原因確定診断された5歳以上の患者さんが治療を受けることができます。1日1回、初めの1週間は少量の錠剤で服用を開始し、2週目以降に通常量の錠剤を服用します。その後、アレルギー症状の有無にかかわらず、毎日数年間(3年以上推奨)にわたり継続して服用します。初めての服用は、医師の監督のもと行う必要があります。


アレルゲン免疫療法では、重篤な副作用としてアナフィラシーを 起こすことがあり、これは急性の過敏反応で、投与30分以内に命に 関わるような全身の過敏反応を起こすことがあります。
詳細につきましては、電話にてお問い合わせください。


電話 : 052-876-3351